婚活は何歳から始めるべきなのか?

最近は20代前半から婚活する人も

近年では20代前半でも婚活のイベントに参加する人が増え、将来設計をちゃんと若い時分から立てている人も増えています。
私は40歳目前で22歳の人とパーティーでお話ししましたが、驚くほどしっかりしていて感心しました。
この若さでこんなにも考えている人がいるのかと、それに比べて自分はどうだと、随分と未熟さを痛感してしまったのです。
同世代の異性と話してみても、同じような感想を持ちました。
ただ漠然と恋人を作りたい、或いは結婚したいという気持ちだけでは、本気で相手を探している人からは見向きもされません。
結婚への明確な展望、これまでに培ってきた自身の強み、それらを整理して持ち合わせる時間が私には圧倒的に足りていませんでした。
こうした経験から、婚活は何歳からすべきかと問われたら、若い頃からするに越したことはないと答えたいです。
理想論を持ち出せば、何歳からでも遅過ぎることはないと言えるでしょう。
ですが現実問題、経験値を積む時間を考慮すれば一定の猶予は必要です。
失敗を気にならない機会や時間があれば、その分精神的な余裕も生まれます。
片や切羽詰ってから最終手段のように突然始めても、異性の目は厳しく向けられるでしょう。
せめて私もあと1年ほど早く始められていたら、逃すことのなかった異性がいたかもしれません。
沢山現場では恥もかきましたし、疎外感も味わいました。
結婚相手を探すまさに競争の場であることを、改めて痛感するばかりです。

30代後半の婚活スタート遅い最近は20代前半から婚活する人も年代限定の婚活パーティもある